• A-
    A+
  • Українською
  • English
東京にてウクライナ - 日本の政治協議が行われた。
17 6月 2014 12:55

ウクライナ側は外務次官セルギーキスリツァが率いる代表団です。  

協議ではウクライナー日本関係に関するさまざまな分野の問題及び国際関係について意見を交わされました。

中心の話題はロシア侵略によるウクライナ情勢でした。

両国は力や強制によって境界と領土一体化に侵害は許されないという改めて共通の立場を確認しました。このような考え方はG-7のメンバーとすべての国際社会でも共通であります。

両国はロシアによる現在のウクライナの主権に関する問題はすべての国際社会のもんだいでもあり、しっかりとした決定的で協力的な対応が必要であると合意しました。

ウクライナと日本の代表団は、ほかのパートナーと連帯し、国際舞台においてさらに協力を深めることでも合意しました。

そして両国代表団は国際秩序を守るために国連の枠組みでの協力と対話強化をすることでも合意しました。

ウクライナにて行われた大統領選挙を受け、さらなる両国の政治対話を強化することの重要性を確認しました。

日本側は、特に貿易経済分野で、ウクライナとの協力を深めるウクライナ·EU連合協定の締結を歓迎しました。ウクライナと日本の投資促進及び相互保護に関する協定の締結は両国の協力に非常に役に立つでしょう。

最後に、日本側は、ウクライナの政治及び·経済安定の確保とウクライナ新政権の成功と持続的発展の鍵である民主主義の強化させるために必要な援助を提供すると表明しました。

 

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux