• A-
    A+
  • Українською
  • English
ウクライナ の内政について (2)
13 10月 2014 11:50

1.10月26日の国会議員選挙の実施は、ウクライナ社会からの政治浄化要求への応答である。この選挙の目的は権力者への信頼回復と国会で実質的に地方が代表されることである。これは全国の対話と地方分権実現の流れにおいて特に大事である。

2.ウクライナ政権は国際民主的な基準に基く公正で開かれた選挙実施のために全力を尽くす。

3.選挙には52党が参加し、その中の29党が全国比例区で参加。中央選挙委員会は6627候補者を登録し、その中の3120人は政党名簿で比例区に出馬する。225区の代わりに213選挙区が設定された。一時的に占領されたクリミア自治共和国とセバストポリ特別市に関する法律によってそれらの地域では選挙は実施されない。

4.ウクライナは国際オブザーバーへの協力に最善を尽くす。現在、国際オブザーバー登録は実行中であり(10月18日まで)、10月6日の時点で255人のオブザーバーが登録された。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux