• A-
    A+
  • Українською
  • English
日本とEU 、ロシアに対しウクライナ干渉を止めるよう要請
08 5月 2014 02:59

日本とEUは、ロシアに対し「ウクライナ情勢のさらなる不安定化および危機の外交的解決を図るよう」要請した。   //

この要請は、バローゾ欧州委員会委員長、ファン=ロンパイ欧州理事会議長、安倍首相による第22回日EU定期首脳協議の最後に行われた。

悪化を続けるウクライナ情勢は本協議の大きな議題となった。

EUおよび日本は、ウクライナ国民およびウクライナ国民が将来を選択する権利を支持することで一致。両者はウクライナ政府の安定化という共通の目標を追求し、5月25日に自由かつ公正なウクライナ大統領選挙の実現を支持する。

EUは、大統領選の実現を危うくする暴力の連鎖を止めるため、さらなる制裁措置を警告した。

ファン=ロンパイ欧州理事会議長は、安倍首相との協議後の記者会見において「ウクライナ情勢をさらに悪化させる行動は、追加制裁につながる」と述べた。議長はロシアに対し「クリミアとセバストポリの違法な併合」を諦めるよう訴え、ウクライナ問題の平和的解決は国際法に基づき外交的対話を通じて実現されるべきだと述べた。

 

 

EU、日本共同声明

 

EUと日本、世界平和と繁栄に向け連携

 

ファン=ロンパイ欧州理事会議長、バローゾ欧州委員会委員長、安倍首相は、2014年5月7日、ブリュッセルにおいて第22回日EU定期首脳協議を行い、以下の声明を発表した。

 

我々は、ウクライナ国民と、ウクライナ自身の未来を選択する権利を支持するとともに、ウクライナの主権及び領土の一体性に対する支持を維持することを約束する。

我々は、クリミアを併合しようとするロシアの違法な試みを強く非難するとともに、これを承認しない。我々はロシアとウクライナが有意義な対話に関与することの重要性を改めて表明し、4月 17 日のジュネーブ合意及びウクライナ政府がこの関連でこれまでとってきた具体的行動を歓迎する。我々はロシアがジュネーブ合意を支持する具体的行動をとることを求めるとともに、ウクライナを一層不安定化するような更なる措置を控えるよう求める。

我々は、関連するG7声明に従って、適切な場合には更なる対応をとる用意も進めるが、この危機の外交的な解決への扉は引き続き開いていることを強調する。我々は、支援も通じて、ウクライナを安定させ、改革を実行するためのウクライナ政府の努力を支持する。

我々は、政府の構造を包括的で地域の多様性を反映させたものとし、少数民族に属する国民の完全なる権利の保護を提供するとしたウクライナ政府の約束を歓迎する。我々は、5月 25 日に、自由かつ公正なウクラ

イナにおける大統領選挙が実施されることを強く支持する。

 

 

EU-Japan_Summit_Joint_Statement.pdf

 

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux