• A-
    A+
  • Українською
  • English
日本とフランス、ウクライナ問題解決に向けた対話の重視で合意
06 5月 2014 13:47

安倍首相およびフランソワ・オランド・フランス大統領は、ウクライナ情勢と安全保障について約1時間会会談した。   //

共同記者発表で安倍首相は「外交的解決へのドアは引き続き開いている。ロシアがその道筋をとることを要請する」と述べた。

オランド大統領は「プーチン大統領を説得する唯一の方法は対話で、事態の沈静化が重要だ」と述べた。

両首脳は他のG7首脳と協調し、今月のウクライナ大統領選挙を、全地域が参加する平和的、民主的な選挙にすると述べた。

安倍首相は、ヨーロッパや東アジアで高まる安全保障問題において、日本とフランスの緊密な関係がこれまでになく重要だと述べた。

両首脳は、世界平和と安定、経済成長と文化の発展に寄与したいと述べ、ロシアとの複雑な関係を持つ両国は外交的な対話の重要性を強調した。

日本は今後ロシアと北方領土交渉を予定している。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux