• A-
    A+
  • Українською
  • English
欧州安全保障協力機構議員らは、ロシアのウクライナに対する最近の行動を非難する決議案を、2014年のバクーでの欧州安全保障協力機構(OSCE)議員本会議により、3対1の過半数で決議した。
02 7月 2014 11:05

92賛成、30反対、27 棄権の対立で「欧州安全保障協力機構議員は、ロシア連邦がウクライナの主権と領土保全の妨げ、ヘルシンキ原則を明確且つ悪質に違反し続けている事を批判する」内容を決議した。

決議案はバク宣言で下書きに至り、明日投票が行われ、50カ国の300議員で投票される。

宣言は、この他に、欧州安全保障協力機構とその57の参加国家への政治や安全保障、経済、環境、人権の政策提言が含まれている。

決議案を創案した、米国のOSCEで代表部副部長上の座をとる院議員ベンジャミン·カルダンは、「ロシア連邦の制御下にある、ウクライナへの武力介入による人権侵害に対して遺憾」を表した。

決議案はさらに、「主権、政治的独立、統一とウクライナの領土保全のための明確なサポート」が表現されている。2014年3月のクリミアでの国民投票を不信し、クリミアタタール人、ローマ人、ユダヤ人や他の少数民族の脆弱性を指摘している。

決議案はウクライナがOSCEの規範に従うように奨励し、国を支援する意思を表現した。

 

 

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux