• A-
    A+
  • Українською
  • English
米国、EU、プーチン大統領による3月の半島併合以来初のクリミア訪問を批難
10 5月 2014 05:07

米国、プーチン大統領のクリミア訪問を挑発的で不必要だと批判 EU、プーチン大統領のセバストポリの軍事パレード出席に懸念を表明 //

米国は、プーチン大統領による金曜日のクリミア訪問を、挑発的と批難し、米国としてクリミア半島併合を認めない姿勢を改めて示した。

ジェン・サキ米国務省は定例会見で「クリミア訪問は挑発的かつ不必要であった。クリミアはウクライナのものだ。もちろん、ロシアの行動は違法で認められない」と述べた。

また、米国は、今週初頭にプーチン大統領が表明したウクライナ国境付近からのロシア軍撤退を確認していないと述べ、ロシアに対し事態の沈静化を求めた。「ロシアには緊張緩和の具体策を求める。ロシアは独立支持者たちの行動に影響を与えられると信じているが、言うまでもなく、プーチン大統領のクリミア訪問は我々が求めている方向性とは異なる」

 

ローラ・ルーカス・マグヌソン・米国家安全保障会議報道官は、クリミア訪問は「緊張をより悪化させた」と述べた。キャサリン・アシュトンEU 外交安保政策上級代表の報道官は「EUはプーチン大統領のセバストポリの軍事パレード出席に懸念を表明する。第二次世界大戦での多大な犠牲と戦没者追悼の歴史的に重要な日を、違法なクリミア併合を既成事実化するために利用すべきではない」と述べた。

 

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux