• A-
    A+
  • Українською
  • English
プーチン大統領のクリミア自治共和国およびセバストポリ訪問に関するウクライナ外務省の声明
10 5月 2014 04:32

  //

ウクライナ外務省は、本日のウラジーミル・プーチン・ロシア連邦大統領による無許可のクリミア自治共和国およびセバストポリ訪問について、最大限の強い懸念を表明する。

ウクライナは、このロシアの動きをウクライナ法、国際法に対する露骨な軽視とみなす。ウクライナ主権、国連憲章、「ウクライナの領土一体性」に関する国連安全保障理事会の決議、1997年のウクライナ、ロシア連邦が締結したウクライナ・ロシア修好条約に対する重大な違反である。

本挑発行為は、ウクライナとロシアの緊張関係を悪化させるためのロシアの意図的な工作のひとつであり、外交的解決の意思がないことの表れである。

我々は、ロシア側に文明的な国際関係に戻るよう要求し、国際社会の大きな声に耳を傾け、ウクライナ国土の違法占領、併合を取り消すよう要求する。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux