• A-
    A+
  • Українською
  • English
ウクライナ 東部状況の平和解決のための「ルハーンシク州とドネツィク州における出来事に参加した人の免責についての法律」というウクライナの法律に関して。
17 9月 2014 07:18

-法律は、武装集団員、ルハーンシク州とドネツィク州の自称行政機関員、対テロ作戦を妨害した人の免責を含めている。

-上記のような人が関わる刑事事件をすべて不起訴で処分し、既に課された罰金も請求しない。

武装戦闘員が免責される条件き は、この法律が有効になってから一ヶ月以内、人質を全員解放すること、すべての武器や爆発物を国家機関に引き渡すこと、行政機関の公舎などを不法占拠しないこと、国家機関の運営を妨害しないことである。

-同時に、重罪を犯した人、マレーシア航空機撃墜に係わった人、その調査を妨害した人はこの法律の対象外となる。

-ウクライナ大統領が提案したこの法律は、裁判前の捜査中の人、裁判中の人、既に判決が出た人も対象とする。

-刑法と民法より優先されるこの法律の適用は裁判によって決められる。

-免責の手順は以下の通りである。

-最高検察官は法律が有効になってから3日以内、下級の検察官に、対象の人の免責を求める申請を裁判所に出すように指示する。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux