• A-
    A+
  • Українською
  • English
危機的」と外交努力訴え 
01 3月 2014 13:46

2014年03月01日 19:42:11     「危機的」と外交努力訴え   ウクライナ大使     ウクライナのハルチェンコ駐日大使は1日、東京都内で共同通信と会見し、同国南部クリミア自治共和国の情勢について「危機的状況にある」と懸念を表明、事態悪化を回避するため、国際社会は外交努力を強めるべきだと訴えた。  大使は、クリミアの空港などを支配下に置いた親ロシアの武装部隊の帰属を特定するのは困難としながらも「テレビを見ればロシア軍がクリミアの路上を徘徊(はいかい)しており、(ウクライナの)内相は事実上の侵略と言えるとしている」と指摘。  「軍事的手段も使って(現地の)分離主義者の緊張をあおる行為は非常に危険だ」と警告し、ロシアは「(外交解決に向けた)協力を全くしようとしない」と批判した。  大使はヤヌコビッチ政権崩壊後の新政権はウクライナの「領土の一体性」を維持する用意があると強調した。  日本政府の対応については「(ウクライナ政府の立場を)理解してくれていることを高く評価する」と述べた。財政危機のウクライナへの支援に向けた協議を日本政府との間で進めていることも明らかにした。  大統領の実権を失ったヤヌコビッチ氏が2月28日にロシア南部で記者会見したことについては「同氏は訴追、手配されている」として、既に司法当局の問題だと指摘。また5月25日の大統領選よりも、もっと早期にクリミア情勢が正常化することを強く希望すると述べた。(共同) 【編注】IHOR・KHARCHENKO  

     

 

Kyodo Tsushin,

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux