• A-
    A+
  • Українською
  • English
ウクライナ東部住民に対する所謂「ロシアの人道支援」に関するロシア外務省口上書に関するウクライナ外務省情報政策局談話
30 5月 2014 03:20

  //

ウクライナ外務省は、ウクライナ東部において所謂ロシアの人道支援を実施出来るようにして欲しいとのロシア側による要請を検討した。

 

かかる提案は、ロシア側自らが限定的な政治的利益のためにウクライナ東部諸州において引き起こした困難な状況を利用しながら、何よりもロシア国民に対してクレムリンの「高潔な意思」を誇示することを目的とするいつものプロパガンダの要素に過ぎない。

 

実際には、まさにウクライナ東部におけるロシア側の行動により平和と安定の回復が出来ないのである。ロシアは、紛争の緩和及び状況の安定化の用意があるとの姿勢を示していない。ウクライナ国民を殺害し、テロを働き、脅かしている武装テロ集団が定期的にロシア連邦領からウクライナ・ロシア国境を侵犯している。従って、この人道支援を装ったトリックは、現在、反テロ作戦の成功裡の実施により困難な状況に置かれているロシアの傭兵、テロリストに対する支援の試みである可能性も否定できない。

 

昨日、ウクライナ外務省は、かかるロシア側による人道支援の申し出に対し口上書を発出した。本口上書において、我々は、ロシアに対し、その代わりにロシアによって占領されたクリミア自治共和国住民の人道支援に関する多数の要請に応えることに集中するよう提案し置いた。

 

我々は、ロシアによる占領によりウクライナ領であるクリミア半島の情勢が急激に悪化しているとの国際社会からの多数のシグナルがロシア側により然るべく対応されていないことにつき、正式に懸念を表明する。

 

本口上書において、ウクライナ外務省は、ロシア側に対し、ウクライナ及び世界に対し負った義務を早急かつ確実に実施し、ロシアの武力侵攻により人道的惨事の一歩手前にあるウクライナのクリミア半島における状況の更なる悪化を回避するよう再び呼びかける。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux