• A-
    A+
  • Українською
  • English
資産回収に関するウクライナフォーラム
30 4月 2014 01:32

国際社会は、奪われた資産をウクライナ国民に返還する活動を開始した。 //

ウクライナ政府による盗難資産回収を支援するため、2014年4月29日からロンドンにて高官級国際会議が始まる。ウクライナにとって、法治国家と国際協力実現に向けた画期的な会議となる。国際社会およびウクライナ政府は奪われた資産をウクライナ国民に返還することで団結している。

 資産回収に関するウクライナフォーラム(UFAR)はイギリス、米国の共同開催により、ウクライナ政府による資産回収を支援する。犯罪に関連した資産の盗難を根絶し、こうした違法行為は必ず罰せられるということを強く周知するものとなる。2日間の会議では、国際金融機関や関係当局が具体策について話し合い、解決に向けた計画作りを行う。主な目的は次の通り。

 

l  盗難資産追跡に対する国際社会の政治的な意思を再確認

l  盗難資産の早期発見に向けた国際協力体制作り

l  経験や体験の共有、有益なツールの共有

l  複雑な企業構造を隠れ蓑にする盗難資産の追跡方法

l  管轄権を超えた実務担当者間のネットワーク、信頼構築

l  ウクライナ側に必要となる能力の特定

UFARには、政府高官、法律学者、検察官、金融分析官、監督官が参加し、ウクライナ高官や派遣団と、具体的な資産回収方法について議論を行う。

 ロンドンでUFARを開催することについて、テレサ・メイ・イギリス内務大臣は、ウクライナ支援における国際社会の役割を強調した。

 資産回収分野での専門性を高めるため、ヤヌコビッチ体制で失われた資産の特定と回収を行うウクライナ政府に対し実務的なリーダーシップおよび支援を行い、政治/経済的な改革を促す。

 メッセージは明確である。汚職政治体制や世界中に隠れ、犯罪により利益をあげる個人に対しこれまでにない厳しい姿勢を打ち出す。

 UFARの共同開催者であるエリック・ホルダー米国司法長官は、汚職に対する司法の取り締まりにおいて、資産回収が重要であると強調した。

 「本会議参加国は、汚職と戦い、安定と独立、国家の一体性に尽力するウクライナ指導部および国民を支援することで団結している。

 我々は、汚職の代償は大きく、長期に及ぶことを知っている。だからこそ、米国司法省はヤヌコビッチ体制の崩壊から数日後にはキエフに対策チームを置き、盗まれた国家資産に関する捜査の必要性を調査し、書類の確認、保全、捜査開始や実行等、必要な作業を支援している。

米国はウクライナや関係国と共に戦い、責任の所在を明確にし、国際協力を強化し、不安定な状況を決意と力強い外交により改善できるよう支援を行う」

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux