• A-
    A+
  • Українською
  • English
米国がロシアに対する輸出制裁を拡大
29 4月 2014 03:19

ウクライナ報道官の声明 ワシントンDC 2014年4月28日 //

今日、米国はロシアの違法なウクライナ介入およびウクライナの平和、安全保障、一体性を脅かす挑発行為への報復として、さらなる制裁措置を発動した。2014年4月17日の欧州連合、米国、ウクライナ、ロシアによるジュネーブ合意では、ウクライナ東部の緊張緩和を目指す具体的措置が決定し、暴力や挑発行為の追放に合意したが、それ以降もロシアはジュネーブ合意を遵守せず、さらに危機を拡大させている。ウクライナ東部の最近の暴力事件はロシアの関与に疑いの余地はない。

 米国は、ロシアが今後もジュネーブ合意を履行せず、ウクライナの安定化に具体的措置を行わない場合は、追加制裁を課すと明言し、本日、米国はロシアの個人および企業を対象にした制裁および、米国からの特定輸出品の禁輸措置を発動した。米国財務省は、プーチン大統領の側近2名を含む7名のロシア政府高官に資産凍結および米国へのビザ発給停止、また、プーチン大統領に近い17の企業に対し資産凍結を発動した。このうち13の企業には、米国発の物品禁輸措置を発動し、さらには、ロシアの軍事力に寄与する可能性のあるハイテク製品の禁輸措置をとった。

 国際社会は、ロシアがウクライナにおける違法な介入と挑発を止めるよう求めることで一致している。米国は、関係国と連携をとり、今後もロシアがジュネーブ合意に反し、状況をエスカレートさせるのであれば、さらに重い制裁を課す用意がある。2014年3月20日付け大統領により、米国財務長官は、金融サービス、エネルギー、鉄鋼、工業、防衛産業といった、ロシア経済における主要産業分野の個人および企業に対する制裁を発動することができる。ロシアが今後もウクライナで軍事介入を継続するのであれば、米国はさらなる制裁実行の用意がある。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux