• A-
    A+
  • Українською
  • English
І駐日ウクライナ大使イーホル・ハルチェンコの共同通信社へのインタビュー。
19 2月 2015 11:42

自由のための戦い」
駐日ウクライナ大使と会見

共同通信社 2015/02/18

ウクライナのイーホル・ハルチェンコ駐日大使が17日に都内で共同通信と会見し、ロシアの支援を受ける親ロシア派武装組織と政府軍の武力紛争が続くウクライナ東部でロシア軍が活動していることは「100パーセント確かだ」と強調した。大使は「われわれはロシアと戦争中だ」とし、東部での紛争を「(ロシアからの)自由のための戦いだ」と説明。「今のロシアはテロ国家だ」とプーチン政権を非難した。

 東部の状況について大使は、15日の停戦発効後「おおむね戦闘は止まっているが、例外がある」とし、ドネツク州の交通の要衝デバリツェボと、アゾフ海に面する港湾都市マリウポリを挙げた。

 12日にミンスクでまとまった新たな停戦合意については「戦場での交戦を止める合意ができただけ。和平合意はまだない」と述べた。

 また、和平合意はロシア軍部隊がウクライナ領から完全、無条件に撤退した後に可能になるとし、外国部隊の撤退を定めた昨年9月の「ミンスク合意」を履行するようロシア側に強く求めた。

 東部の親ロ派に「特別な地位」を与えるとした12日の合意について大使は「地方自治」を認めるもので、広範な自治権の付与ではないと強調。「ウクライナは領土の一体性を守る」と述べた。

 北大西洋条約機構(NATO)加盟について「ドアは開いている」とし、将来の加盟の可能性を追求する考えを示した。

 欧米や日本の対ロ制裁については「よいことだが、効果が出るのに時間がかかり、その間にも兵士や市民の犠牲が出ている」と、国際社会の一層の支持を求めた。また「日本政府による政治、経済、人道面の支援を高く評価している」とした。(共同)

 

 

 

,

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux