• A-
    A+
  • 日本語
  • Українською
  • English
岸田外務大臣会見記録(平成26年7月22日 ) マレーシア航空機の墜落
23 7月 2014 10:47

 

【岸田外務大臣】まず申し上げさせていただきたいことは,今回のマレーシア航空機の墜落によりまして多くの方々の尊い命が失われました。極めて傷ましいことであると思っていますし,大きな衝撃を受けています。オランダあるいはマレーシアをはじめ,この犠牲者を出された全ての国々に対しまして心から哀悼の意を表明させていただきたいと存じます。

 この墜落の原因につきましては,現在,情報の収集あるいは分析中でありますが,撃墜行為による可能性が高いと思っていますし,国際社会として強く非難すべきであると思います。関与した者は,この重大な責任をとらなければならない。このように感じています。

 真相究明につきましては,分離派武装勢力の妨害によって検証活動が円滑に進んでいないことを懸念しております。全ての関係者のアクセスが確保されるよう,この墜落現場へのアクセスが確保されるよう,分離派武装勢力の協力を強く促していきたいと思っております。

 その関係で,ウクライナの主権,そして,一体性を侵害する分離派武装勢力の行動を強く非難いたします。そして,これに対する外部からの支援は情勢の悪化をもたらすものであり,即刻停止すべきであると考えます。そして,ロシアにつきましては武装勢力に対し,和平に向けた対話に応ずるよう,また,マレーシア航空機墜落事件に関する国際的調査に協力するよう,影響力を行使することを求めます。

 その上で,今,ご質問がありました安保理の決議については,21日に調査団に対し,墜落現場への完全かつ無制約のアクセスを即時に提供することを要求する,この国連安保理決議が全会一致で採択されたことは我が国としても歓迎しております。この決議の遵守を強く求めたいと存じます。

 そして,我が国としてどんな協力ができるのかというご質問をいただきました。この部分につきましては,現在,原因究明に向けての調査がICAOですとか,OSCE,さらにはウクライナ政府,そして,犠牲者を出されたオランダ,マレーシアといった国々を中心として調査が進められていると承知をしています。この調査等についても,今,申し上げました関係国とよく意思疎通を図り,協議をしながら,日本として具体的に何を,どんな部分で貢献できるのか,しっかり検討した上で具体的な協力を進めていきたいと考えています。

 関係者との意思疎通は行っておりますが,現時点でまだ具体的に日本としてこれをするという決定までは至っておりませんが,引き続きしっかりと意思疎通を図っていきたい。このように思っています。

Outdated Browser
Для комфортної роботи в Мережі потрібен сучасний браузер. Тут можна знайти останні версії.
Outdated Browser
Цей сайт призначений для комп'ютерів, але
ви можете вільно користуватися ним.
67.15%
людей використовує
цей браузер
Google Chrome
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
9.6%
людей використовує
цей браузер
Mozilla Firefox
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux
4.5%
людей використовує
цей браузер
Microsoft Edge
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
3.15%
людей використовує
цей браузер
Доступно для
  • Windows
  • Mac OS
  • Linux