Embassy of Ukraine to Japan

, Kyiv 16:19

北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射に対するウクライナ外務省の声明

03 September 2017, 12:37

ウクライナは、今回、日本国にとって深刻な脅威となった北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射を強く非難している。

それは、朝鮮半島の安全保障問題の解決に向けた平和的で外交的な手段に完全に反しているため、域内諸国及び地域の安定に対する挑戦となっている。北朝鮮によるこのような発射の継続は、特に国連安全保障理事会決議2371(2017)が全会一致で採択された以降、国際法や北朝鮮のミサイルプログラムに関する国連安全保障理事会の関連決議への意識的かつ体系的な違反となっている。

 ウクライナは、北朝鮮のこのような危険な活動を非難したすべての国々に加わり、北朝鮮の指導者に対して直ちに挑発を止め、国際社会との対話を開始するよう呼びかけている。そうでなければ、安全保障理事会の制裁が補完され、強化されるべきである。