Embassy of Ukraine to Japan

, Kyiv 04:55

On March 4, 2014 a Press-conference of Ambassador of Ukraine to Japan Ihor Kharchenko on Russia act of military aggression toward Ukraine was held for journalists of the Japan's most influential mass-media.

05 March 2014, 06:16

In particular, there were journalists and correspondents of the leading newspapers - «The Yomiuri Shimbun», «The Asahi Shimbun», «The Mainichi Shimbun», «The Sankei Shimbun», «The Tokyo Shimbun», economic newspaper «Nikkei Keizai Shimbun», news agencies «Kyodo News» and «Jiji Press», TV companies NHK and TBS.

 

ウクライナのイーホル・ハルチェンコ駐日大使は4日、都内で会見し、ロシア軍がクリミア半島で展開していることについて、改めて「侵略だ」と非難した上で、「EUをはじめ日本などと協力し、外交的解決を図る努力を続けている」と述べました。

 「クリミア半島の状況は、異常。軍事的侵略だ。(ロシアが)決定したことは大きな間違い。ロシアが言っていることは何の説明にもなってない」(イーホル・ハルチェンコ駐日大使)

  ハルチェンコ大使は「ウクライナの国民の自由が危険にさらされている」と述べた上で、「ロシア側の説明は嘘ばかりだ」と厳しく非難しました。また、クリミ ア半島でロシア軍が活動していることについて、「両国が結んでいる軍事協定の明らかな侵害で、異常な状態だ」と指摘しました。その上で「EUなど国際社会 の支援も受け、解決していきたい」と述べました。

 一方、クリミア自治共和国で独立の是非を問う住民投票が予定されていることについ て、「住民投票は中央政府の元で行われるもので、独立をめぐる住民投票は違法」と切り捨てました。さらに、「自分の認識では現地のロシア系住民は4割程度 でマイノリティ。ロシア国旗を掲げた映像などはロシアのプロパガンダ」と述べました。

 会見の中でハルチェンコ大使は、時に言葉を荒げ、ロシアが介入してくることではないと何度も繰り返し、軍事介入を決定したプーチン大統領を批判しました。

 「正常化と言っているが、ウクライナ国内で起きたことでプーチン氏には関係のないことだ」(イーホル・ハルチェンコ駐日大使)

 また、「我々が生きているのは1930年代ではなく2014年」と述べ、自国民の保護を目的に侵攻したナチスドイツを引き合いに、ロシアを批判しました。(04日19:14)

Last interviews

Ambassador Ihor Kharchenko made an exclusive appearance on the evening talk show live news program «PRIME NEWS» of Japanese TV station FUJI TV | 16 May 2014, 02:53

"That act, which took place on 11 May in Lugansk and Donetsk regions - was a worthless farce , a show for the Russian media of predetermined" - the general message of Ihor Kharchenko //
Interview |

"Russia became an enemy, not only for Ukraine, but for all democratic rights and freedoms by losing its credibility in the eyes of the international society" | 28 April 2014, 05:17

- the leitmotif of the interview of Ambassador of Ukraine to Japan Ihor Kharchenko, given to the prestigious Japanese financial newspaper «Finance Facsimile News» //
Interview |

"Crimea was, is and will be an integral territory of Ukraine!" – it was a slogan of Press-Conference of Ambassador Igor Kharchenko, held at the Foreign Correspondents' Club of Japan (FCCJ) | 18 March 2014, 08:19

Nearly 70 reporters from international and Japanese news agencies, leading print and television media, representatives of political parties, political experts and business community of Japan, as well as foreign diplomatic missions attended this media event.
Interview |

Ambassador

Contacts

Address: 3-5-31 Nishi-Azabu, Minato-ku, Tokyo 106-0031, Japan // . View on map
Phone: +81 (3) 5474 9770
Fax: +81 (3) 5474 9772